BMS Agency

BMS Agency

最近(2020年)のBMS界を気ままに追っかけます

#BOFXVI チーム考察 (1) [PARTY PARROT]

f:id:bms_agency:20201010192644g:plain

[PARTY PARROT]

Cosmograph(BMS), Sound piercer feat.ΣX(BMS), EmoCosine(BMS), RiraN(BMS) yusi.(BGA), Ratif(BGA), 出前(BGA), NO|SER&LAFTCLEN(BGA)BKANOTHER(obj), Limite(obj)

-----------------------------

 

昨年、BOFXVのランキング上位を個人・チーム部門共に韓国勢が独占しました。

f:id:bms_agency:20201010202203p:plain

f:id:bms_agency:20201010202217p:plain

そんな一大旋風を起こした韓国BMS作家ですが、今年もその流れが続く予感です。

 

なんと昨年のチーム部門1位&2位のメンバーからなる「PARTY PARROT」チームが発足。陽気なチーム名とは裏腹に、今年も全力で勝ちを狙いに来ました。

 

果たして、今回も韓国勢の2連覇となるのでしょうか?

全貌について確認してみましょう。

 

 

◆ メンバー分析

(1)Cosmograph

f:id:bms_agency:20201011003855p:plain

f:id:bms_agency:20201011003906p:plain
Cosmographさんはこのチームの首謀者かつ、韓国版BOFと呼ばれるPABAT!2020でデビューを迎えた新人作家…?です。(あれ?新人にしては予想レートがとんでもなく高いなぁ・・・)

 

PABAT!2020で発表したComet (Game Edit)では5 / 57位にランクイン。

 
・・・しかしその中身は、BOFU2015の個人部門で優勝を飾ったLunatic Soundsさんでした。琴線に触れるメロディラインが強みの、韓国のボス級コンポーザーです。
そしてこの5年間で2度のBOF出場を果たしましたが、どちらもTOP10入りという破格の実力を披露。3年ぶりのBOFですが、大型イベントでは百発百中の成績を収めているCosmographさん。今回も優勝候補の一角としてBOFXVIを荒らしにかかります。

※10/11追記:Cosmographさんを新人と勘違いして紹介していたことをお詫び申し上げます。

 

(2)Sound piercer

f:id:bms_agency:20201010204736p:plain

Sound piercerさんは昨年、「花たちに希望を」で優勝を飾ったBOFXV王者です。

BMS作家としての活動歴は長く、2009年まで遡ります。

2010年前半にはPABAT!系列で4度の優勝(2011,12,13,15)を経験しており、この時期から既に無類の強さを誇っておりました。しかし、最近ではそれらの結果を過去のものにするほどの結果を出しております。

前述のLunatic Soundsさんが2010年代の韓国エースだとしたら、Sound pirecerさんはこれから(2020年~)のエースと言えるでしょう。

近年ではBOFシリーズの中央値部門でTOP10常連にもなり、日韓をまたいで活躍の場を広げ、スター作家としての道を歩んでおります。

その高い音楽力から繰り出される作風は自由自在で、昨年のようなポップスや2018年のクラブミュージック(chill)等のあらゆるジャンルで高い評価を獲得。今年もどんなジャンルで登場するかが読めないので、とても楽しみです。

間違いなく、BOFXVI個人部門の優勝候補筆頭でしょう。

 

(3)EmoCosine

f:id:bms_agency:20201010204748p:plain

EmoCosine(旧名CosineEmoCo)さんは近年のBOFシリーズの常連となったFuture Bass系作家です。名前の通り、エモいリード波形を使いこなすことに定評があります。

BOF系列での初登場はBOFU2015Goodbye to Your Memoryでしたが、いきなり29 / 438位 という目覚ましい活躍を見せました。

BOFU2017以降は勢いが止まらず、この勢いがあれば今年は順位一桁台も夢ではないかと思います。

 

(4)RiraN

f:id:bms_agency:20201010204800p:plain

RiraNさんはBOFU2015、BOFU2016でEmoCosineさんと同チームで出場した戦友のような存在です。そしてRiraNさんもまた、今年のBOFUで人気急上昇中の旬な若手作家です。昨年は特に強烈な爪痕を残し、Time For Revengeで個人部門4位を獲得。

とにかくパワーこそ全て!な音圧のHard styleを強みに、今年は個人部門でTOP3入り、チーム部門で優勝を狙います。

 

(5)サポートメンバー

サポートメンバーは以下の通りです。

(既に試聴動画がいくつか上がっておりますが、BOFXVIの試聴動画は直接見せないで紹介するスタイルとさせていただきます。ネタバレ回避用です)

 

(1)Cosmograph

yusi.(BGA), BKANOTHER(obj), Limite(obj)

譜面はPABAT!2020同様に、こちらのお二方が担当します。

なお前作Cometでは自身によるBGAを披露しておりましたが、今回は映像面をyusi.さんへ一任しました。yusi.さんはPABAT!2017ZERODAY5 / 73位という実力を持っており、任命されたのも納得と言えます。

カニック系CGに強い印象です。

 

 

(2)Sound piercer

→feat.ΣXRatif(BGA)

昨年のチームメンバーだったGUANAさん繋がりで、BGARatifさん担当となりました。Ratifさんは昨年のBOFXVで、FlintyカタリストBGAを担当。

※10/11追記:ΣXさんも初出ではなかったことをお詫び申し上げます。

ボーカル担当のΣXさんは、BOFXVでCelesteを出したΣX3さんと同一人物のようです。

ボーカルとしての実力は未知数です、が・・・Sound piercerさんと組むぐらいなのでかなり期待できます。 

 

(3)EmoCosine
出前(BGA)

出前さんはBOFシリーズで無類の強さを発揮する、カリスマ動画師です。

出前さんがBGAを担当するとTOP10にランクインすることも珍しくなく(B.B.K.K.B.K.K.等)、昨年もc.s.q.n.個人6位へと送り込みました。

このジンクスの通りだと、今年のEmoCosineさんもTOP10入りを果たしそうです。

 

(4)RiraN

NO|SER&LAFTCLEN(BGA), BKANOTHER(obj), Limite(obj) 

NO|SER(ノイザー)さんは昨年、EmoCosineさんのMagenta Potionの動画を担当した方です。

近年登場の新人動画師ではありますが、CG主軸で様々な引き出しを持っている実力派作家なので、どの芸風で動画を作るのかが楽しみです。

譜面サポートはCosmographさんの作品と同様に、BKANOTHERさんとLimiteさんが担当。ゲーム性もきっちり抑えて、高順位待ったなしです。

 

 

◆ 順位予想

最後に順位予想です。

上で求めた予想レート、偏差値の最大値最小値を参考に、「〇位を本命に、最高で△位・最低で◇位まで変動する」と予想します。

(また、1作品しか過去作品が無い場合はMIN値を50としました)

 

(予想)(66.4+62.9+60.1+62.8)/4 = 63.1

(MAX)(77.7+77.2+68.0+71.8)/4 = 73.7

(MIN)(58.1+52.4+52.7+52.7)/4 = 54.0

f:id:bms_agency:20201012005216p:plain

 

データだけ見るとTOP3付近が本命の予想結果となりました。

 

しかし、昨年の1位2位チームが合併して出場したことを考えると、PARTY PARROTチームが今年の優勝候補なのはまず間違いありません。点数・中央値どちらも昨年1位だった実力は疑いようが無く、今年の大本命のチームです。

 

このチームの強みは、前回の優勝者が在籍していることに加えて「一発当てられる」実力派が揃っていることでしょう。チームの平均レベルが高いため、今年の個人部門優勝が本チームから出ることさえあり得ます。

 

他にも、サポートメンバーの紹介の通り「譜面」「動画」どこを取っても隙がありません。そして早い段階での試聴動画の公開など、PRも順調な様子です。さすがの鉄壁の強さを感じさせます。

 

ただ、あえて気になる点を上げるならば、BOF初参加のCosmographさんの順位がやや未知数なのが気になります。もし不発に終わってしまったら、もし他の強豪チームが準備万端で挑んできたら・・・・チーム優勝はそちらに譲ってしまう可能性もゼロとは言い切れません。

※10/11追記:Cosmographさんを新人と勘違いして紹介していたことをお詫び申し上げます。

Cosmographさんの正体がLunatic Soundsさんだと分かった瞬間に、このチームの弱点は消え失せました。歴代BOFの優勝者が二人もいるチーム・・・!?。

 

そんな感じで、今年のBOFXVIはこのドリームチームの動向に注目です。

果たして、韓国陣営の2冠2連覇となるか・・・!

首を大きく振り回して待ちましょう。

f:id:bms_agency:20201010233037p:plain

f:id:bms_agency:20201010233037p:plain

f:id:bms_agency:20201010233037p:plain

f:id:bms_agency:20201010233037p:plain
 

 

f:id:bms_agency:20201124185341p:plain